洋画の吹き替えやアニメを見ていて、声優をやってみたいと思ったことはないでしょうか。声優次第で登場人物の雰囲気が変わりますし、新人俳優でもプロの声優が吹き替えることで上質の演技に見せることができます。またファンが多い職業の一つでもあり、人気声優のイベントには人だかりができます。さらに歌手デビューをする声優も珍しくなく、映画やアニメだけの枠にとらわれない職業になってきています。そこで声優の仕事に興味がある方は、声優オーディションに参加してみてはどうでしょうか。声を使った仕事なので、あらゆる声質の人や年代にチャンスがあります。低い声がコンプレックスの人はそれを活かすチャンスです。インターネットでもオーディションが探せるので、気軽に検索してみましょう。

声優という仕事のメリットについて

声を使う仕事なので、性別や身長体重問わずチャレンジできます。地声が高いならそれを活かして子供の役や可愛いキャラクターを演じたり、地声が低いなら大人の役やナレーション、予告編を担当するチャンスがあります。ハスキーな声質もキャラクターに個性を与えることができます。元々持っている声を活かす発声方法や演技力を磨くことで、プロの声優になることができます。本人はコンプレックスと感じていた声も、他人からは魅力的に感じたり、作品のキャラクターで需要があることもあります。大切なのはあきらめないで、いくつか声優オーディションに参加してみることです。訛りやアクセントはトレーニングで修正できるので、出身地を気にする必要はありません。プロの声優も様々な地域の出身者です。

声優オーディションを見つける方法

オーディションはインターネットで簡単に見つけることができます。俳優やモデルなどあらゆるジャンルのオーディションをまとめたウェブサイトや、声優プロダクションのウェブサイトがあります。また自主制作などマイナーな作品の場合、掲示板で募集していることもあります。緊張する時は、そういった小さな作品から慣れていって、後でプロダクションのオーディションを受ける方法もあります。映画やアニメ以外にも、ラジオの朗読もあります。ジャンルにこだわらないのであれば、幅広く検索してみましょう。声を使う仕事である声優は、10代だけでなく30代にもチャンスがある仕事です。子供の頃からキャラクターの真似をしたり、声で遊ぶのが好きだった方は、その興味を活かしてみてはどうでしょうか。チャンスが見つかるかもしれません。