声優として活躍したり、夢を提供し続ける為にはまず、声優オーディションでチャンスを手にすることが必要です。経験と実績を積んでベテランになれば、作品の担当者から直接オファーが届いたり、出たい作品を指名して選べるようになります。しかし、新人は勿論、中堅でもこのようなことが出来る人はいませんから、基本はオーディションで役を獲得することが前提となるでしょう。製作者側が求める役を考えて演じる、これは秘訣でも何でもなく、役者である声優に欠かせない基礎的な能力です。オーディションを受けるまでの経緯は人それぞれですが、養成所等で経験を積んだのであれば、必要最低限の演技力は備わっているはずです。後は個性や長所を活かし、時には短所すらも武器にして、オーディションで審査を務める人達に印象を残すことがポイントとなります。

結果が出ない声優オーディションで結果を変える方法とは

結果が出ない状況は、何事においても焦りを引き起こしますが、焦っても結果が変わらないのは明白です。当然ながら、運が良ければ審査員の目に留まることもありますが、待っているだけではチャンスを掴めないのが声優の世界です。その理由は簡単で、一つはオーディションの倍率が高く、同じようにチャンスを掴みたいと思っている人が多いからです。例えば、同じ力量で自信だけが明確な差だとしたら、多くの審査員は自信が強く感じられる方を選ぶでしょう。また、演技力が乏しくても、成長しようと感じさせる何かがあれば、この場合も審査員は興味を持って選ぶ可能性が高いと考えられます。つまり、自信はないよりもあった方が圧倒的に良く、それが空元気に類するものであるとしても、声優には常に求められる資質だといえます。

毎日成長を実感出来るように励むことが大切です

声優オーディションとは、いわば日々の集大成を見せる貴重な場で、審査員は役に合う声優との出会いを待ち侘びています。これらのことから分かる通り、在り来りな演技では審査員が満足しませんし、仮に合格して採用されたとしても、自信を持って演技を行えるかは疑わしいものです。声優は実力を積み重ねて評価されますから、新人は大げさでも熱意を持って役柄を演じ、何としてでも最初の役を手にすることが重要です。一方で、オーディションがない時の過ごし方は、今欠けている部分や伸ばせる箇所を客観的に捉え、どうやって成長出来るか頭を使う必要があります。日々の発声練習は努力を裏切りませんし、地道な継続が実力を高めるトレーニングとなるので、無理なく欠かさず鍛えることをおすすめします。更に、演技の幅が採用する側に使いやすさを感じさせますから、様々な役柄を想定してトレーニングしたり、場数を踏んで堂々と演じられるように励むことが肝心です。